PROFILE

南野拓実

南野拓実(Takumi MINAMINO)

1995年1月16日 生まれ、大阪府出身。
ポジションはフォワード・ミッドフィルダー。
自ら開拓して実るという意味で「拓実」と名づけられた。
幼少期は3つ年上の兄の後ろをついてまわり、自然と兄の所属するサッカークラブに入団、当時より負けん気が強く、体の大きな上級生に挑む少年だった。
最初は太刀打ち出来なくても、勝負を諦めるようなことはなく毎日、誰よりもボールを追いかけ、小さな頃から自然と磨かれてきた「不屈の精神」と、高い目標「夢」を持つ志により、勇敢で恐れることなく攻め続け、常にボールを求めるアグレッシブなプレーが培われた。
中学生になるとセレッソ大阪の下部組織に入団、めきめきと頭角を現し2009年にはクラブユースサッカー選手権大会で得点王を獲得し、U-15日本代表に選出。
以来、各年代代表として活躍し、2011年にはFIFA U-17ワールドカップを前にFIFA公式サイト上で「Japan's lethal weapon」と題した南野の特集が組まれ、エースとして18年ぶりのベスト8進出を果たした。
2013年にトップチームへ昇格し高卒ルーキーとしてはクラブ史上初の開幕スタメン入り、第14節でリーグ戦初得点を記録しクラブのJ1最年少得点記録を更新(18歳5ヶ月20日)。
同年行われた国際親善試合マンチェスター・ユナイテッド戦ではチーム全得点に絡む活躍を見せ、ユナイテッドの選手や監督から高い評価を得た。
2014年飛び級でFIFA ワールドカップブラジル大会の大会予備登録メンバーとして選出された。
2015年1月にオーストリア・ブンデスリーガのFCレッドブル・ザルツブルクに完全移籍。
以降リーグ4連覇を達成。
2018-19年シーズンは森保監督率いる日本代表に選出され、9月に行われた初戦のコスタリカ戦で日本代表初ゴールを決め、10月パナマ戦で先制点、ウルグアイ戦で2得点を挙げて3戦連発を記録。
代表監督の初陣から3戦連発は史上3人目。
チームでは11月にUEFAヨーロッパリーグでハットトリックを挙げ、現在世界からも注目されているサッカー選手。


【経歴】
■クラブ
1999年-2007年 ゼッセル熊取FC
2007年-2009年 セレッソ大阪U-15
2010年-2012年 セレッソ大阪U-18
2013年- セレッソ大阪
2015年- レッドブル・ザルツブルクFC(オーストリア ブンデスリーガ)

■代表
U-15 日本代表/U-16 日本代表/U-17 日本代表/U-18 日本代表/U-19 日本代表/U-23 日本代表/U-23 リオ・オリンピック日本代表
2014年-FIFAワールドカップブラジル大会予備登録メンバー
2018年-日本A代表
2019年-AFCアジアカップ2019(準優勝)